シネマフォント®の種類

①文字の違い~パチパチ文字と焼き込み文字

昔の字幕映画はフィルムの種類が8種類ほどあり、中でもポジフィルムとネガフィルムで、文字の種類が分かれておりました。フィルムにより、文字に空気穴が必要なものと、そうでないものがあったのです。今ではその違いは絶対的に必要なものではなくなりましたが、それぞれの文字の持つ雰囲気が映画や諸作品に与える影響は小さくありません。

②文字幅の違い~カーニング

プロポーショナルと等幅

横書きの場合

プロポーショナルは横書きの場合、間延びしない自然で読みやすい並びになります。等幅は文字の幅が同じなため間隔が空いてしまい、ご自身で調整が必要になります。

※パチパチ文字も焼き込み文字にも両方対応しています。

縦書きの場合

等幅は縦書きの場合中央線に文字が揃うため、読みやすくなります。プロポーショナルの場合、重心が崩れてしまいます。