シネマフォント小話

★★★ より映画っぽくするためのtips編 ★★★

シネマフォントをご使用いただくときの、ちょっとしたヒントです。
ご活用ください。

 《 横書き 》 
☆句読点「、」「。」は、通常使いません(縦書きにも、使いません)
 そのかわり半角空けと全角空けで表現します


  例: 僕は、やり遂げる。それだけだ。 → 僕は やり遂げる それだけだ
(「僕はやり遂げる それだけだ」でも同じようですが、若干ニュアンスが変わります)  

☆一行およそ13文字から14文字で二行まで
   それ以上の長いセリフは、「―」長い横棒(ダッシュ)などで分割します。
 二行になる場合、基本的には上段を長く、下段を短くします。
 一行の場合は、下段の位置にのみ配置されます。

☆上下段 重心合わせ
 中央揃えの横書き2段で表現するとき……上段6文字、下段8文字だとすると等幅の
 文字なら上段の1文字目と下段の2文字目がぴったり合うはずです。
              授業が始まる
            続きは放課後でな
 しかし上段の左側に漢字が、右側にひらがなに拗音の場合
              授業出るかぁ
            続きは放課後でな
 授業の「授」と続きの「き」が上下で同じ位置になりますが、左に重心が偏ってしまい
 字幕を見た瞬間、意識しない程度の違和感を感じる可能性があります。

 なお、お好みにより左寄せで文字を揃える映画もあります。この場合は、等幅フォント
 を使用します。


《 ルビ 》
☆横書き一行の場合は、上側に  
 横書き二行の場合で上段にルビを振る場合は、文字の上に
 二行の場合で下段にルビを振る場合は、文字の下に

☆イタリックの字幕にルビを振る時は、ルビもイタリックに


 《 イタリック 》
☆横書きは、横方向に斜めに  縦書きは、縦方向に斜めに傾斜を入れます。
 ちなみに手書きの頃、シネスコの場合そのシネスコの倍率によってイタリックの傾
 きも変更していました。    


《 チドリ配列 》    
☆挿入歌の訳を字幕で表示する場合、イタリックにします。
 通常は、縦書きイタリックにしますが、二行になることが多く、一行目と二行目を二文
 字分ずらします。これを通称、チドりと呼びます。 


《  縦書き 》 
☆古くは映画の字幕は、右側に縦書きでした。
 現在では、右側に場所や時代、日時などを表現することが多いです。
 画面で左右に分かれて言い合う場面では、右側と左側で縦書きにすることがありま
 す。

☆一行10文字まで。

☆文字の中心揃え   
 横書きと違って、ほぼ全ての文字が等幅のデザインになっています。
 縦に並べた時にデコボコしないようになっています。
 一方で拗音は、右寄せに、また濁音、半濁音の部分は文字幅とは認識せず右に
 はみ出させます。


《 縦書きのルビ 》
☆一行・二行、どちらも右側に振ります。